新ノアンデの効果について調べました。近年では夏が猛暑となり汗が噴き出てくる日付が増えてきました。そうした中でも新ノアンデの効果は本当にすごいんです!夏でも高い実感が持てる新ノアンデは本当なのでしょうか?

本当のわきが対策とともにじっくり読み進めてください。

夏のワキガに効果的な新ノアンデ

夏のワキガ対策には、何と言っても新ノアンデです。新ノアンデは、ワキガの原因となる菌を殺菌する効果がなんと100%もあります。

殺菌効果が100%ということは、菌が全くいなくなるということです。このような例は、いまだかつてありません。

でも、そんなに殺菌効果が強いと肌に対する刺激も強いのではないかという誤解を受けやすいですが、新ノアンデは無添加で、大変肌にやさしい商品なのです。

新ノアンデには、香料や着色料はもちろん、タール系色素、石油系界面活性剤、パラベン、紫外線吸収剤、鉱物油、動物性原料などが一切含まれていないので、無添加処方が徹底されています。

だから子供やお年寄り、思春期の敏感な子供、そして敏感肌や乾燥肌の人でも安心して使用出来ると言われています。夏は、誰でもワキガ対策を行いたいものなので、無添加というのは大変うれしいですね。そして、新ノアンデは汗にも強い成分なので、汗を大量にかく日でも効果が期待出来ます。

新ノアンデの中には、肌にくっつく成分が配合されていて、汗が流れてもその効果を持続出来るのです。

多汗症の人でも新ノアンデを使うと効果が実感出来るのは、この独自の成分のおかげなのです。夏には、制汗スプレーでその場しのぎのニオイ対策をしていたという人も、これからは新ノアンデで、肌にもやさしく効果的なワキガ対策をして下さいね。

新ノアンデの効果とは?

新ノアンデの消臭効果は非常に高いということが挙げられます。ワキガ臭というのは、ワキガ菌がアポクリン腺から出る汗を餌として、繁殖する際に出るニオイのことですが、新ノアンデは、このワキガ菌を100%殺菌してくれます。

新ノアンデのメーカーは、11年という年月をかけ、328種類にものぼる試作品を作り、2016年5月に商品をリニューアルした際に、ワキガ菌の100%殺菌に成功しました。

これによって、多汗症の人でもしっかりとワキガ臭を解消することが出来るようになったのです。そして、その効果の持続時間にも目をみはるものがあります。

汗に流れない成分を開発することによって、24時間も消臭効果を持続することが出来るようになりました。だから、新ノアンデは1日2回、朝と晩に1プッシュ分ぬるだけで、十分に消臭効果があるとされているのです。外出中にぬる必要がないというのは、継続しやすいという面からも、高い評価を受けています。

こんな人にはオススメ!

新ノアンデには、有効成分として、汗を抑えて整えるというフェノールスルホン酸亜鉛(パラフェノールスルホン酸亜鉛)が含まれています。2ヶ月ほども使えば、汗の量が大幅に減ったと実感する人が多いです。

ワキガ菌は汗を栄養分として繁殖しますから、汗を抑えて肌の状態を整えるということは、ワキガ臭解決の基本です。

だから、新ノアンデはワキガで悩んでいる人にはもちろん、多汗症の人にもオススメです。新ノアンデは、ディーシールド・テクノロジーEXという新ノアンデ独自の製法を採用することによって、ニオイの原因となる菌が発生しにくい環境を作り出してくれます。

新ノアンデの有効成分には、シメン-5-オール(イソプロピルメチルフェノール)も含まれているので、これがワキガ菌の繁殖を抑えてくれるのです。

成分では肌にやさしい上に消臭力も高い製品なので、デリケートゾーンにも安心して使えます。また、足のニオイでお悩みの方にもオススメです。新ノアンデの用途はとても広いですね!

まず試してほしい定期コース

新ノアンデの定期コースは、大変高い人気を得ています。その理由は何か御存知ですか。新ノアンデの定期コースは、休止や解約がいつでも自由なんです。

定期コースというのは、何回かは続けて購入するという契約上のしばりがあるのが普通ですが、新ノアンデには全くそれがないのです。いつやめても、どれだけの期間ストップしてもOKなのです。これなら初めての購入でも、リスクなしに定期コースを選べますね。

新ノアンデは、定価で購入すると1本8600円なので、少々高額と感じてしまいますが、定期コースを選べば、最初から4960円で購入出来ます。

毎回3640円もお得になるというのは、本当に大きいです。定価で買うのがバカらしくなりますね。送料も無料なので、本当にお得です。

まずはお試しという場合でも定期コースを選んで、そのまま効果に満足すれば続ければいいし、どうもいまいちと思ったら1回でやめることも出来ます。もちろん新ノアンデは、ワキガや多汗症が重度の場合は、すぐに効果が実感出来ない場合もあるので、2ヶ月ぐらいは試してみた方がいいと思います。

それに定期購入の2回目には、石鹸(こだわりの新ノアンデの消臭ソープ)が無料でプレゼントされます。

の消臭ソープは、単品販売で3200円もする高価な石鹸なんですよ。定期コースは、値段が断然お得で、いつでもお休み・解約が自由、そして1本目については全額返金保証も付いているので、ユーザーには何のリスクもなく購入することが出来ます。

定期購入コースをまずは試してほしいというのは、そういう理由からなんですね。

冬のワキガ対策にもノアンデ

「冬にもワキガ対策は必要なの?」「冬でも新ノアンデって必要なの?」と驚かれたかもしれませんが、ワキガの原因菌は、冬でも繁殖しているのです。そして、冬のワキガの方が夏より臭うこともあるのです。

夏には、大量の汗をかくので、ワキガ臭が強くなるということは理解しやすいですが、どして冬にもワキガ対策が必要なのでしょうか。冬は厚着をするので、夏に汗をかいた場合より、蒸れる確率が高いのです。

Tシャツのように通気性の良い洋服を1枚だけ着ている夏とは違って、冬は、通気性の悪い洋服を時には何枚も重ね着しています。

だから、汗をかくとなかなか乾燥せずに蒸れやすいのです。蒸れると雑菌が繁殖して、ワキガ臭が強烈になります。暖房のかかった温かい部屋で汗をかいたりした時には余計にです。

殺菌の繁殖には格好の環境が出来ますからね。そして、汗をあまりかかない冬は、汗のニオイが強烈になるのです。

夏は汗をしょっちゅうかくので、体内の老廃物もしょちゅう外に排出され、その濃度も薄くなりますが、冬の方が汗の中の老廃物の濃度が高いので、ニオイがきつくなるのです。

だから、冬にもワキガ対策をしないと、周りからあなたのニオイに辟易されたりするのですね。ニオイのエチケットは、冬だからこそ大切というふうにも言えるのです。だからこそ、新ノアンデは冬でも必要なのですね。

ワキガ対策は1年中が基本!

上記で述べたようにワキガ対策は、夏だけではなく、冬にも行うことが大切だということがわかりました。

冬は、汗をかかないように錯覚しますが、実は暖房などで汗をかくことは多いですし、少ない汗の中に含まれている老廃物の濃度は高いので、ニオイが強烈になります。その強烈なニオイの汗が、冬の厚着の中で蒸れることによって、雑菌が活発に繁殖してしまうのです。
冬の洋服が意外に臭うのは、そのような理由からなのです。

夏はもちろん大量の汗をかくので、ワキガ菌の餌である汗が豊富に放出されます。すると、ワキガ菌が増殖するので、ワキガ臭が周囲に漂ってしまうことになります。

人間は、汗を1年中かく動物です。汗をかかない季節というのはありません。

老廃物の排出の方法として、発汗は大切な役割ですから、出た後の老廃物が臭わないように新ノアンデでしっかりニオイケアを行いましょう。ワキガ対策というのは、1年を通じて行うことが基本です。

夏だけワキガ対策を行なっても、その効果は半減してしまいます。更に、ワキガ対策を昼間だけ行なって、夜には行わないというのも効果的ではありません。就寝中には、ワキガの原因となる菌が活発に繁殖しますので、寝ている間にもワキガ菌の殺菌を行う必要があります。

新ノアンデは効かないって本当?

ところで新ノアンデは効かないって言う人がいるのですが、それは本当なのでしょうか。私が読んだ口コミでは、長い人でも2ヶ月も使えば効果が実感出来たという人が多かったです。

新ノアンデが効かなかったと感じている人を調べてみたら、1ヶ月もたたないうちに全額返金保証制度を利用して、返金している人がほとんどでした。

新ノアンデの定期コースは、何回購入しなければならないというしばりがないので、たった数日試しただけで効果がないと感じて、返品する人もいるのです。

度のワキガの人は、1日でも効果を実感するという口コミもありますが、中度から重度のワキガの人は、ある程度は継続する必要があります。ひどい多汗症の人も、汗が少なくなったと感じるまでは、2ヶ月ほどしっかりと継続して使ったという口コミがあります。

確かに、汗を出すアポクリン腺の新陳代謝を変えるには、ある程度の期間がかかりますよね。

そして、多汗症の人が新ノアンデを使うと、いくら汗に流れにくい新ノアンデでも、ある程度は流れ落ちてしまうので、1日2回よりも多い回数ぬらないと効果が感じられない場合もあります。

そんな時は、外出先にも持ち歩いて、日中に1度、新ノアンデをぬった方が効果が高いです。ぬる際には、ワキの下をきれいに拭いて、清潔な状態にしてから新ノアンデをぬる必要があります。

そうでないと、ワキガ菌の餌となる汗や垢や皮脂と混じり合ってしまうので、効果が下がってしまうのですね。新ノアンデは、継続することと回数を増やすことによって、効かないという誤解を解けるようです。

 
次の読まれる人気記事>> 脇汗にはこうやってアプローチ!