ノアンデ 使い方

ノアンデの使い方特集!

 

  • ノアンデの使い方
  • ノアンデの正しい使用方法
  • ノアンデのぬり方

 

ノアンデの使い方

 

 

ノアンデの使い方ですが、朝晩1日に2回使用するというのが基本的な使い方です。
ノアンデの効果は、24時間持続するという実験結果が出ていますので、1日に2回使用すれば、十分効果が期待出来るとされています。
1度に使う量は、1プッシュずつで、両脇にぬります。
だから、1度に使う量は、2プッシュとも言えます。
その量で、1本を1ヶ月間に渡って使用出来るので、大変経済的です。

 

 

ノアンデは、安価な商品でもない代わりに、高額商品でもないので、庶民の私達にとってはうれしいデオドラント商品です。

 

安すぎるというのも、効果があるのか心配ですからね。
ノアンデは、1プッシュでも伸びがいいので、片方のワキの下に十分な量です。
ぬった感じは、しっとりしているけれどもサラサラというとても快適な感じです。
健康な肌は、こういう感じなんだと実感する瞬間です。

 

 

多汗症で、大量に汗をかくからニオイが心配という人は、1日に3回ぬってもいいです。

 

その場合は、外出先にノアンデを携帯して、そこでもう一度ぬれば、更に効果的です。
でも、その必要がないと感じる人は、もちろんそうしなくていいです。
ノアンデは、肌にしっかりとくっつく成分が配合されているので、汗にも強いのです。
だから1日中、外出していても安心だと言われています。
まずは、朝晩の1日2回を実行してみて、それでも効果が足りないと感じる場合には、もう1回昼間にもぬりましょう。

 

ノアンデの正しい使用方法

 

 

ノアンデの使用方法は、上記に述べたように、朝晩2回、1プッシュずつの量を両脇にぬるという方法です。
これで、しっかりとした効果が得られるので、その持続時間の長さが人気を呼んでいます。
この持続時間の長さは、他商品を圧倒しているのです。
しかし、そんなノアンデでも、正しい使用方法を実行しないと、効果が十分に得られません。
ノアンデを使用する時に気を付けたいのは、他の市販のデオドラントスプレーと併用しないことです。
それをしてしまうと、ノアンデの効果が十分に発揮されません。
ノアンデは、ノアンデのみを使うという前提で開発された商品です。

 

 

肌の保湿効果や制汗効果、殺菌効果、消臭効果なども、ノアンデだけを使うという前提で調節されています。

 

そこに市販の制汗スプレーなどを使って、肌を乾燥させすぎたりすると、肌の防御作用が働いてしまい、余分な汗や皮脂を出してしまうのです。
すると、それによってワキガが悪化したと感じる人もいるほどです。
更に、刺激の強い制汗スプレーは、肌にダメージを与え、かぶれや色素沈着の原因になることもあります。
それでは、せっかくノアンデを使用しても、その効果が妨害されてしまいますから、ノアンデを使用する時は、くれぐれも他商品を併用しないで下さいね。

 

ノアンデのぬり方

 

 

ノアンデのぬり方について、詳しく解説します。
ノアンデは、上記でも述べたように、1プッシュという少量を片方のワキの下にぬります。
そして、もう片方のワキの下にも同じように1プッシュの量をぬります。
これを朝に1回、そして夜に1回の1日2回行います。
夜寝る時はぬらなくていいやと思う人もいますが、実はワキガの原因菌は、寝ている間に活発に繁殖するのです。

 

 

だから、シャワーやお風呂の後の清潔な肌にノアンデをぬって、就寝すれば、菌の繁殖を抑えられるので、昼間のワキガ臭も改善されるのです。

 

そして、もし大切な場なので外出先でもノアンデをぬりたいという場合は、まずワキの下を清潔にしてからぬって下さい。
赤ちゃん用の刺激の少ないウェットティッシュやフキンなどで、ワキの下をしっかり拭いてからぬることが大切です。
そのように、汗や皮脂や垢がないことを確認してからノアンデをぬると、その効果が十分に発揮されます。

 

 

外出先でワキを拭くのは面倒かもしれませんが、これをするかしないかで、効果が大きく違って来ます。

 

更に、脇毛はしっかりと剃っておくと、外出先でもノアンデがぬりやすくなります。
ワキガ臭の改善には、ワキの下を清潔に保つことが大切なので、清潔な肌にノアンデをぬるようにしましょうね。

 

 

【合わせて読みたい関連記事】

 

>> ノアンデは夏に効果を発揮する!?