ノアンデ 夏

ノアンデは夏だけか?

 

  • 夏のワキガ対策にはノアンデ
  • 冬のワキガ対策にもノアンデ
  • ワキガ対策は1年中が基本!

 

夏のワキガ対策にはノアンデ

 

 

夏のワキガ対策には、何と言ってもノアンデです。
ノアンデは、ワキガの原因となる菌を殺菌する効果がなんと100%もあります。
殺菌効果が100%ということは、菌が全くいなくなるということです。
このような例は、いまだかつてありません。

 

 

でも、そんなに殺菌効果が強いと肌に対する刺激も強いのではないかという誤解を受けやすいですが、ノアンデは無添加で、大変肌にやさしい商品なのです。

 

ノアンデには、香料や着色料はもちろん、タール系色素、石油系界面活性剤、パラベン、紫外線吸収剤、鉱物油、動物性原料などが一切含まれていないので、無添加処方が徹底されています。
だから子供やお年寄り、思春期の敏感な子供、そして敏感肌や乾燥肌の人でも安心して使用出来ると言われています。
夏は、誰でもワキガ対策を行いたいものなので、無添加というのは大変うれしいですね。
そして、ノアンデは汗にも強い成分なので、汗を大量にかく日でも効果が期待出来ます。

 

 

ノアンデの中には、肌にくっつく成分が配合されていて、汗が流れてもその効果を持続出来るのです。

 

多汗症の人でもノアンデを使うと効果が実感出来るのは、この独自の成分のおかげなのです。
夏には、制汗スプレーでその場しのぎのニオイ対策をしていたという人も、これからはノアンデで、肌にもやさしく効果的なワキガ対策をして下さいね。

 

冬のワキガ対策にもノアンデ

 

 

「冬にもワキガ対策は必要なの?」「冬でもノアンデって必要なの?」と驚かれたかもしれませんが、ワキガの原因菌は、冬でも繁殖しているのです。
そして、冬のワキガの方が夏より臭うこともあるのです。
夏には、大量の汗をかくので、ワキガ臭が強くなるということは理解しやすいですが、どして冬にもワキガ対策が必要なのでしょうか。
冬は厚着をするので、夏に汗をかいた場合より、蒸れる確率が高いのです。

 

 

Tシャツのように通気性の良い洋服を1枚だけ着ている夏とは違って、冬は、通気性の悪い洋服を時には何枚も重ね着しています。

 

だから、汗をかくとなかなか乾燥せずに蒸れやすいのです。
蒸れると雑菌が繁殖して、ワキガ臭が強烈になります。
暖房のかかった温かい部屋で汗をかいたりした時には余計にです。
殺菌の繁殖には格好の環境が出来ますからね。

 

 

そして、汗をあまりかかない冬は、汗のニオイが強烈になるのです。

 

夏は汗をしょっちゅうかくので、体内の老廃物もしょちゅう外に排出され、その濃度も薄くなりますが、冬の方が汗の中の老廃物の濃度が高いので、ニオイがきつくなるのです。
だから、冬にもワキガ対策をしないと、周りからあなたのニオイに辟易されたりするのですね。
ニオイのエチケットは、冬だからこそ大切というふうにも言えるのです。
だからこそ、ノアンデは冬でも必要なのですね。

 

ワキガ対策は1年中が基本!

 

 

上記で述べたようにワキガ対策は、夏だけではなく、冬にも行うことが大切だということがわかりました。
冬は、汗をかかないように錯覚しますが、実は暖房などで汗をかくことは多いですし、少ない汗の中に含まれている老廃物の濃度は高いので、ニオイが強烈になります。

 

その強烈なニオイの汗が、冬の厚着の中で蒸れることによって、雑菌が活発に繁殖してしまうのです。
冬の洋服が意外に臭うのは、そのような理由からなのです。
夏はもちろん大量の汗をかくので、ワキガ菌の餌である汗が豊富に放出されます。
すると、ワキガ菌が増殖するので、ワキガ臭が周囲に漂ってしまうことになります。

 

 

人間は、汗を1年中かく動物です。
汗をかかない季節というのはありません。

 

老廃物の排出の方法として、発汗は大切な役割ですから、出た後の老廃物が臭わないようにノアンデでしっかりニオイケアを行いましょう。
ワキガ対策というのは、1年を通じて行うことが基本です。
夏だけワキガ対策を行なっても、その効果は半減してしまいます。

 

更に、ワキガ対策を昼間だけ行なって、夜には行わないというのも効果的ではありません。
就寝中には、ワキガの原因となる菌が活発に繁殖しますので、寝ている間にもワキガ菌の殺菌を行う必要があります。
このように継続的なケアを実施するためにも、朝晩2回ぬるだけで効果を発揮してくれるノアンデは、大変便利ですね。

 

そろそろ本気の対策を始めてみませんか?

(ノアンデを購入するボタン)


 

 

ノアンデは多汗症のあなたにこそ、オススメのクリームです。