ノアンデ ブログ

ノアンデのレビューブログはある?

 

  • ノアンデの特徴
  • ノアンデのブログを探してもない!?
  • ノアンデの情報をこのサイトでまとめました

 

ノアンデの特徴

 

 

ノアンデの特徴を御紹介したいと思います。
ノアンデは、2016年5月にリニューアルされて更に進化し、更に素晴らしい特徴を持つようになりました。
まず注目すべき特徴は、除菌率がついに100%になったということです。
除菌率が完全に100%になるには、大変高度な技術を要しますが、ついにノアンデはそれに成功したのです。

 

 

ノアンデは、11年もの歳月をかけて328種もの試作品を作り、ついに現在の商品にたどり着きました。

 

デオドラント研究の集大成とも言われるのが、現在のノアンデなのです。
ノアンデは、ワキガも汗も抑えるという新発想をしていることも特徴です。
これは、2大有効成分をディーシールド・テクノロジーEX製法という新しい技術で組み合わせることにより可能になりました。
ワキガの原因菌が発生しにくい状態を2大成分であるシメン~5~オールとフェノールスルホン酸亜鉛によって二重に強化し、汗を抑えて清潔な肌を保ちながら、ニオイの発生源である菌の増殖も抑えることに成功しました。

 

 

そのような強力な殺菌力があるノアンデですが、敏感肌の人にも適した無添加処方で生産されているというのも大きな特徴です。

 

これで、子供からお年寄りまで、肌が弱い人でも安心して使えるようになりました。
ノアンデは、汗に流れにくいという特徴もあります。
だから効果の持続力が他社製品を圧倒するほど長く、朝ぬれば夜まで効果が持続するという便利さです。

 

ノアンデのブログを探してもない!?

 

 

ノアンデのブログを読んでみたいと思って、ネット上で検索してみました。
ブログで商品説明やレビューなどがあると、公式サイトとはまた違った見解が見えて来る?のではないかと思ったからです。
検索してみると、一応ブログらしきものは出てくるのですが、読んでみるといまいちその内容がうすい・・・
これはブログと言うより、ただ単に商品を売りたいからとりあえず書いたでしょう?というペラサイトみたいなのが多いのです。

 

 

例えば「ノアンデ 副作用」というキーワードで検索してみたとしましょう。

 

私 はノアンデに副作用はあるのかないのか、ないとしたらなぜなのか、成分はどうなっているのか、どんな処方がされているのか、生産ラインはどうなっているの か、工場管理や発送までの品質管理はどうなっているのか、妊娠中や授乳中の人が使っても大丈夫なのか・・・などなど、たくさんのことを知りたいわけです。
でも、そんなことを一つのブログで、詳しく突っ込んで教えてくれるものはありませんでした。
みんな当たり障りのない話ばかりなので、もっと辞書みたいな詳しいブログが読みたい!と思ってしまいました。

 

 

まあ、そんな詳しいブログが書けるほど暇な人もいないのでしょうけどね。

 

私もブログを書いていて思うのですが、何十時間もコンピュータに向かって、いろいろと検索しながら書かなければならないので、はっきり言ってこれは研究職とか作家とも言える仕事なのではないかと思ってしまいます。
ノアンデにそこまで情熱をかけて書く人は、まずいないと言っていいですね。

 

ノアンデの情報をこのサイトでまとめました

 

 

上記で述べたようにノアンデについて、本当に詳しく書かれたブログを見付けることが出来なかった私は、それなら自分で書いてしまえ!ということで、ノアンデの全情報を網羅すべく、このサイトを作りました。

 

 

このサイトを読めば、ノアンデについて全てがわかるようになると言っても過言ではないと思います。

 

なんせノアンデについて、こんなにたくさんの量を書くことが出来る暇な人はいないでしょうから・・・
でも、それだけノアンデに対する情熱は持っているつもりです。
ノアンデは、除菌率100%という他に例を見ない優れた商品ですし、リニューアル後は更に効能が進化して販売されている商品です。
顧客満足度が97%、購入リピート率が96.2%、そして累計販売数245000個突破と、何よりも数字がノアンデの素晴らしさを物語っています。

 

 

その上、ノアンデは生産が需要に追いつかなくて、新規購入者には販売数の制限もかけているという大ヒットの商品です。

 

このようなベストセラー商品のことを多くの人に知って頂きたいという情熱から、このサイトを立ち上げました。
ノアンデは、ワキガだけではなく、すそわきがやチチガなど様々な体臭に使える無添加の商品であるということも、多くの人に知って頂いて、ニオイの悩みを一日でも早く解消してほしいという願いを込めて書きました。
どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

【合わせて読みたい関連記事】

 

>> ちょっと気になる?2ちゃんねる情報